• ブラジリアン柔術を楽しみましょう

    7月10日に愛知県武道館で行われた第5回全日本マスター柔術オープントーナメントに私とIさんが出場してきました。

    私はマスター4茶帯ライトフェザー級で出場です。
    14人のトーナメントで2回戦からの出場です。
    内容的には13-0の勝利でした。
    ポイントの上では大差ですが、自分的にはいつ負けてもおかしくないギリギリの勝負だったという印象でした。
    次の準決勝ではディープハーフからのスイープとパスガードのポイントを取られ5-0で敗北でした。
    ディープハーフに関しては対策はかなり練っていたのでそれを活かせず残念です。
    今回は3位という結果ですが、優勝者、準優勝者との差はそれほどないのではないかという感じで、それをこれからどう埋めていくかが課題だと思っています。

    Iさんはマスター6白帯ライトフェザー級で出場です。
    Iさんは試合は初出場でしたが、ストライプが4本の人が対戦相手でした。
    結果は19-0で敗北。
    おそらく経験の差で仕方がないと思います。
    ただところどころいい動きもあり、今までやってきたことは必ずしも間違いではないと考えています。
    これからはIさんのいいところをどう伸ばしていけるかが課題だと思います。
    これに懲りずに頑張ってほしいです。

    試合は自分は会場してすぐの試合、Iさんは試合終了間際の試合で最初から最後まで会場にいました。
    すごく疲れましたが、今回も楽しくていい経験になったと思います。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA